グループニュース
【2022】 2021 2020
more
2022.06.11 三八五流通グループ
役員人事異動(内定)について
当社は、6月9日に開催した取締役会において、別紙の通り役員人事を内定しましたのでお知らせいたします。
なお、正式には、三八五流通につきましては6月25日開催予定の株主総会において、 グループ各社につきましては各社の株主総会において決定する予定です。

別紙
役員人事異動名簿(内定)

2022.06.08 三八五流通
泉山元 インタビュー番組「スタートライン」出演のお知らせ
 2022年6月26日(日)、岩手めんこいテレビにて放送の「スタートライン」に会長の泉山元が出演いたします。
「スタートライン」は地域の企業人・文化人にフォーカスをあてるインタビュー番組です。
三八五グループの沿革から会長の社長就任時のエピソード、三八五で常に大事にしている理念、会長の写真家としての活動、若い人たちへのメッセージなど、会長の熱い想いが伝わる番組となっています。
ぜひご覧ください!

【放送日時】
6月26日(日)14:30~15:00
岩手めんこいテレビ「スタートライン」

2022.05.10 三八五流通
泉山元・堀井裕子 二人展「縄文人を尋ねて」開催のお知らせ
 2022年5月20日(金)より、青森県立美術館にて泉山元・堀井裕子 二人展「縄文人を尋ねて」が開催されます。
 本展は、私どもなりに「縄文文化」を皆様方にご理解いただきたく企画したものでございます。写真集「縄文人を尋ねて」をベースにしておりますが、その後に撮影したものも取り入れました。  どうか、県民の皆様をはじめ、広く多くの方々からご覧いただき、世界に誇れる縄文文化をご理解いただきますれば、幸いに存じます。
泉山 元

【開催概要】
泉山元・堀井裕子 二人展「縄文人を尋ねて」
2022年5月20日(金)~6月19日(日)
10:00~16:30/第2、第4月曜定休【入場無料】
青森県立美術館 コミュニティギャラリーABC
協賛:三八五流通(株)/青森三八五流通(株)/三八五観光(株)/三八五交通(株)/三八五バス(株)/三八五フーズ(株)/三八五オートリース(株)/三八五企業協同組合
後援:一般社団法人 日本写真作家協会/青森朝日放送(株)/(株)青森テレビ/青森放送(株)/秋田朝日放送(株)/(株)岩手朝日テレビ/札幌テレビ放送(株)/(株)デーリー東北新聞社/(株)東奥日報社 (五十音順)

お問い合わせ:三八五観光(株) 0178-44-8181


2022.04.22 三八五流通 指定管理部
八戸公園春まつり開催のお知らせ
 4月29日(金・祝)~5月5日(木・祝)に八戸公園春まつりが開催されます。出店と、毎日変わるステージイベントをお楽しみください。

2022.04.11 三八五流通グループ
三八五流通グループ ワクチン3回目 職域接種はじまる
 三八五流通グループは、八戸市が企業や団体などで行う新型コロナワクチン職域接種の枠組みに参加し、4月11日より3回目のワクチン接種を開始しました。
場所はSGプラザ(旧新八温泉)で、4月11日~4月17日まで。青森県南地域のグループ従業員と家族、取引先等約1,600人の大規模接種の予定です。 初日は240人が接種。事務局として本社職員4名が受付等運営にあたりました。 当社では職域接種の実施を通じて、従業員より安全な職場環境を整備するとともに、コロナ禍の早期収束に寄与してまいります。

2022.04.07 三八五流通
第15回 夢百貨ギャラリー100点写真展 八戸公園で開催
 『夢百貨ギャラリー100点写真展』が八戸公園緑の相談所で開催されます。
 日頃より夢百貨ギャラリーに出展されている方々を始め、多くの写真愛好家の皆様に作品を出品して頂き、第15回となる今回は、出展者数38名、作品総数75点の迫力ある展示となりました。写真愛好家の皆様の力作をぜひご覧ください。

会  場:八戸公園緑の相談所(八戸市大字十日市字天摩33-2)
開催期間:令和4年4月7日㈭~4月21日㈭
開催時間:10:00~16:00(最終日は15:00まで)
主  催:三八五流通株式会社 夢百貨ギャラリー

2022.03.23 三八五流通
三八五流通グループ 新型コロナウイルス感染症患者移送車両 無償貸与期間延長 八戸市より感謝状
三八五流通グループでは、令和2年8月から八戸市に無償貸与している新型コロナウイルス感染者の移送車両について、貸与期間1年延長の申し出を行い、市より感謝状が贈呈されました。長引くコロナ感染症の影響により、昨年に続き2度目の貸与期間延長となり、2023年3月末まで貸し出されます。
3月23日八戸市庁で行われた感謝状贈呈式では「車両の貸与により保健所の患者移送体制の整備が進み、これまで多くの患者移送を行えたことなど保健所業務への貢献が大変大きい」とのことから熊谷雄一市長より感謝状が贈呈されました。
市の担当者からは「大きな車(トヨタヴェルファイア7人乗り)なので、一度に複数の患者さんを送迎できる。主な利用法としては、自宅療養されている方が何らかの症状を発症したときに、ご自分で車を運転できない場合や、救急車を呼ぶほど重症ではない場合等に患者さんを病院まで送迎し、診察が終わったら自宅まで送迎している。また、入院されていた方がホテルや自宅療養に移る場合などにも役立てられてきた。八戸市は自宅療養者が多いので、万が一の時に備え、このような車があることは非常に助かっている」とのお言葉をいただきました。これまでの利用者は100人超になるとのことです。